右肩腱板断裂と右膝痛の患者Mさんの症例

右肩腱板断裂の手術で肩にチタンが1本入っている方の症例です。

また右膝は曲がり変形性膝関節症になっている状態です。

アクシス整骨院でどのような治療をしているか紹介します。


膝の治療は「股関節」と「足関節」が鍵です。

膝に痛みが出ている時にどうしても膝ばかりに目が行きがちですが、膝の治療において重要なのは「股関節」「足首」です。

例えば膝を曲げるという動作をするときに股関節と足首も曲がるのが分かりますよね?膝だけ単独で動くということはほとんどありません。膝を使うときは股関節と足首の動きを必ず伴うのです。


アクシス整骨院では「膝」に負担がかからないように、痛みが出ていない股関節と足首の調整とトレーニングからスタートしていきます。


Mさんの膝がまっすぐ伸びて、痛みが改善されました!

Mさんが始めて来院された時の右膝は左膝に比べ、明らかに曲がっていました。

そして右膝だけ外側に開いていました。(O脚)

身体をチェックすると右股関節から外側に捻じれ、下腿の骨は内側に捻じれていました。

股関節が外側に捻じれることを専門用語では「股関節外旋」というのですが、股関節の外旋が強くなる原因はお尻の外側の筋肉(中臀筋・梨状筋)が固まっていることが原因です。


そのためまずは中臀筋・梨状筋のストレッチ&マッサージを行い、中臀筋の拮抗筋である右内転筋トレーニングを実施しました。そうすると股関節外旋拘縮が取れて、見た目に分かるほどO脚が改善されました。


次に右膝が曲がって固まっていた為(屈曲位拘縮)右のハムストリングス特に外側のハムストリングスをしっかりと伸ばし、膝を伸ばすための筋肉である「内側広筋」が働きやすくなるように施術をしたところ、曲がっていた膝がまっすぐ伸びて、立って歩いた時の膝の痛みも軽減しました。


そして痛みも歪みもない状態を継続していくには、本人の筋力強化が必須です。

施術後はMさんにはベーシックトレーニングを実施してもらいました。

 


スクワットで下半身の筋力を強化しましょう。

痛みが無い状態というのはプラスマイナス0の状態です。

プラスマイナスプラスの状態にしていくには、トレーニングは欠かせません。

アクシス整骨院の治療メニュー詳細は下のボタンをクリック!

北海道札幌市南区真駒内│アクシス整骨院
札幌市南区│トレーニングと治療のアクシス整骨院

〒 005-0021 札幌市南区真駒内本町7丁目1-3

TEL.011-211-6744

平日9:00~12:30 / 14:00~19:30

土曜9:00~14:00 定休日 日曜・祝日

車でお越しの方へ

真駒内通り沿い、真駒内アイスアリーナの手前にあります。

黄色い看板とセイコーマートが目印です。

駐車場はお店の目の前に1台・すぐ近く月極め駐車場2台あります。

 

公共交通機関でお越しの方へ

真駒内駅より、じょうてつバス15番乗り場→曙町で降りるとすぐです。

 

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。