平日 9:00−19:30土曜 9:00−14:00定休日 日曜・祝日

パーソナルトレーニングと健康保険治療の違い

パーソナルトレーニングと健康保険で受ける治療に大きな違いがあります。

治療は基本的に受け身で受動的なものですが、パーソナルは自ら動く自動的なものになります。

自分で自分の身体を思うように動かせないことを、健康と呼べるでしょうか?

パーソナルトレーニングと治療の違いについて、詳しいお話をしましょう。


マイナスからプラスへ!

私自身整骨院の院長になる前は、全国で1番大きなスポーツクラブで働かせてもらっていました。

スポーツクラブと言うと若い人ばかりが通っているイメージかも知れませんが、

午前の時間帯などは平均年齢65歳以上です(笑)中には90歳の方も数名いました!


もちろんスポーツクラブにもどこかが「痛い」「辛い」人はたくさんいます。

痛かったり辛いのを「運動」を通して改善しようと試みているのです。


整骨院に来る患者さんはどちらかというと、受け身の人が多いです。

まぁ当たり前と言えば当たり前なんでしょうが、

常に受け身で楽をしようと思っている人は、マイナスの状態からの脱却は難しいでしょう。


下の図をご覧ください。

マイナスの状態をプラスの状態に変えていくのが、パーソナルトレーニングです。

どんなに腕の立つ治療家でも、どんなに最先端の医療機器でも±0が限界です。

人間の身体が1番元気になる方法は、自分で身体を動かす事です。

もっと言うと、「体軸」の取れた状態で運動をすることなんですね。

アクシス整骨院でパーソナルトレーニングを受けてみたい方は、下記のバナーよりお問い合わせください。

あなたの身体のお悩みに合わせてサポートさせて頂きます。