平日 9:00−19:30土曜 9:00−14:00定休日 日曜・祝日

 · 

ジャパン選手もやっている⁉ソフトテニス体幹トレーニング

北海道科学大学高校ソフトテニス部トレーナーの東です。

インターハイ常連校の北海道科学大学高校ソフトテニス部でも行っている

ソフトテニス選手向けの体幹トレーニングを紹介します。

 


テニスコートでやってみよう!

テニスコートの半面を利用して行います。

 

ベースラインからネットまでの距離約11メートルくらいで行います。

 

クレイコートなどで手が汚れる場合は、軍手などをはいて行います。

 

練習前のウォームアップなどに

体幹トレーニングを行うことで、テニスの練習で体幹を使う方法を体に覚えさせます。

 

 


①スパイダーマンウォーク(対側)

【回数】10メートル・1往復

【筋肉】股関節(腸腰筋・大殿筋)

【目的】股関節の柔軟性UP

【テニス動作】全て

【やり方】

ⅰ.写真のように右手と左足を前に出して、股関節と上半身の力を使って前に進みます。

 

ⅱ.頭の位置とお尻の位置が、なるべく上下に動かないように注意しましょう。

 

ⅲ.股関節の柔軟性が高まり、フットワークや体の使い方が上手になります。

 

 


②ウォーキングランジ(フロント・バック)

【回数】10メートル・1往復

【筋肉】股関節(腸腰筋・大殿筋)

【目的】股関節の柔軟性UP

【テニス動作】ネットダッシュ

ショートボールの処理

【やり方】

ⅰ.頭の後ろで手を組んで、肩甲骨を寄せて胸を張ります。

お腹に力を入れて、腰が反らないように注意をしましょう。

 

ⅱ.良い姿勢をキープしたまま、大きく足を前に踏み出します。

左右交互に足を踏み出しネットまで進みます。

後ろ足で床を蹴る力で、前に進みましょう。

 

ⅲ.ネットまで進んだら、体の向きを変えずにバックしてベースラインまで戻ります。

 

 


治療料金・パーソナルトレーニング・スタッフ紹介