ファンクショナルトレーニングとは?

ファンクショナルトレーニングって言葉聞いたことありますか?最近は一般の方も良く耳にするようになったと思います!
トレーニング界でも、良く耳にする言葉ですよね!今回は私が考えるファンクショナルトレーニングについて、詳しく書いていきます。

『Functional』 =『機能的』

Functionalという英語を直訳すると、機能的という意味です。
Functional Training= 機能的なトレーニング
という意味になります。

じゃあ機能的なトレーニングって何??って考えると、スポーツの種目や叶えたい目標・目的によって、その人の『Functional』は変化します。

サッカー選手には機能的であっても、テニス選手には機能的ではないトレーニングもあります。

膝が痛い人にとっては機能的なトレーニングであっても、股関節が痛い人にとっては非機能的トレーニングになりうる場合もあります。

何の機能を高めたいかによって、Functionalは変化するのです。

共通のFunctional → スパイラルムーブメント

どんなスポーツにおいても、共通のFunctionalはスパイラルムーブメントです。
スパイラルムーブメントとは、捻りを伴った対角・螺旋の動きです。
野球のピッチング動作・テニスのサーブスマッシュ動作・バレーボールのスパイク動作など、全て対角線上の螺旋の動きになります。
 
歩く時の肩と股関節も、対角螺旋の動きになっています。
スポーツ動作の様にハッキリとはなっていませんが、腕の振りや脚の振りは真っ直ぐ動いているように見えて、微妙に対角線上に、そして回旋の動きが加わって動いています。

上半身のスパイラルムーブメントエクササイズ

上半身のスパイラルムーブメントを高める、基本エクササイズをご紹介致します。

写真の様に肩関節の回旋と、体幹の回旋を連動させながら対角線上に身体を動かしていきます。

腕を上に上げていくときは、親指側が後ろ側に向く様に肩関節を外旋させながら、体幹は回旋しながら脊柱を伸展させます。

腕を下に下げていくときは、肩関節を内旋させながら、体幹を屈曲・回旋していきます。

右手で行う場合は、右斜め上から左斜め下に降ろします。対角線上かつ螺旋の動きを加えることで、機能的なトレーニングへと生まれ変わります。

まとめ

この様にまず最初はパターン化された、対角螺旋状の動きを繰り返すことで、捻りの動きが強化され、動きにしなやかさや力強さが生まれていきます。

写真の様な親指から動かすパターンと、小指から動かすパターンをウォーミングアップ時に行うことで、肩関節や体幹の柔軟性も非常に向上するので、是非やってみて下さいm(__)m
北海道札幌市南区真駒内│アクシス整骨院
札幌市南区│トレーニングと治療のアクシス整骨院

〒 005-0021 札幌市南区真駒内本町7丁目1-3

TEL.011-215-1544

平日9:00~12:30 / 14:00~19:30

土曜9:00~14:00 定休日 日曜・祝日

車でお越しの方へ

真駒内通り沿い、真駒内アイスアリーナの手前にあります。

黄色い看板とセイコーマートが目印です。

駐車場はお店の目の前に1台・すぐ近く月極め駐車場2台あります。

 

公共交通機関でお越しの方へ

真駒内駅より、じょうてつバス15番乗り場→曙町で降りるとすぐです。

 

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。