· 

イチロー選手&ダルビッシュ選手 トレーニング論争

『トレーニングをして身体を大きくした方が良いのか?』
『トレーニングをすると、筋肉が関節の邪魔をするのでしない方が良いのか?』
一部の専門家やアスリートの中で、論争になっていますね!
その答えを今回は書かせて頂きます!

イチロー選手はメジャーに渡り、6-7年間ウェイトトレーニングを実施した!

イチロー選手が筋トレの話をテレビでしてくれたのは、稲葉選手がインタビューをした時の話です。

まず勘違いしている方が多いのが、イチロー選手は筋トレを全面的に否定しているわけではありません。

イチロー選手自身、メジャーリーグに渡り筋力をつけて身体を大きくした方が良いのだと感じ、6-7年の間トレーニングをしました。
(テレビのインタビューで答えています)

オリックス時代のイチロー選手と、マリナーズ時代のイチロー選手の身体を見て貰えば分かるように、オリックス時代から比べ前腕は太くなり、明らかに身体全体が大きくなっています。


『持って生まれたバランスを崩してはダメ!』

イチロー選手がテレビでこう言っていました。

『持って生まれたバランスを崩してはダメ!』
『人体を理解すると、動きとかトレーニングに大分差が出る』

この2つの文章から分かるように、イチロー選手は人体の動きや仕組みについて、長年の経験や勉強により熟知しています。

その上で『ただ身体を大きくするのはナンセンスだ!』と言っています。
『持って生まれたバランスを崩す程の、ヘビーなトレーニングだけでは、身体は思うように動くようにはならず、パフォーマンスが上がらない』という事です。

筋力トレーニングを全面的に否定しているわけではありません。

それにイチロー選手自身が6-7年の間メジャーに渡り、厳しいウェイトトレーニングを経験しています。

『遠回りってすごく大事』

この発言がイチロー選手が『天才バッター』と言われる所以だと思います。

『遠回りってすごく大事』
『遠回りする事が一番近道』

すごく説得力がありますよね。自分自身が毎日思考錯誤をして、結果を残し続けて来たイチロー選手なので言葉に重みがあります。

自分でウェイトトレーニングも実施して、
『これ以上自分は筋力をつける必要はない』と判断したのだと思います。

それにイチロー選手はトレーニングを今も全くやっていない訳ではありません。
『初動負荷トレーニング』という特別なマシンを使ったトレーニングを、実践し続けています。

この初動負荷マシンは、関節や筋肉の柔軟性を向上させ、神経・筋肉の反応や筋出力の向上を目的としたマシンです。

イチロー選手も今のプレーを維持するために必要な最低限の筋肉は維持しながら、トレーニングをずっと続けているのです。

『必要最低限の筋肉』=『フィジカルベース』

前述した通り『筋肉をつけることが全て良くない!』わけではない事は、お分かり頂けたと思います。

イチロー選手だって『必要最低限の筋肉』があるからこそ、あの年齢で最高のパフォーマンスを発揮しているのです。

その必要最低限の筋肉のことを、専門用語では『フィジカルベース(基礎筋力)』と言います。

ここで図を見て頂きたいのですが、スポーツ選手のパフォーマンスは
1番下土台の『フィジカルベース』
2番目中間の『スペシフィックトレーニング』
そして1番上の『スキル』で決まります。

フィジカルベースは先ほど、説明した通り身体を動かしたり支えるための基礎・基盤となる筋肉です。

2番目のスペシフィックトレーニングとは、イチロー選手の言葉をかりて説明すると
『人体の仕組みに理にかなった動きのトレーニング』
『野球という競技特性に合わせたトレーニング』
の事を指します。

イチロー選手は、この2番目の部分に力を入れてトレーニングしているのですね。

フィジカルベースとスペシフィックトレーニングという土台の上に、スキル(技術)があるのです。
野球でいうスキルとは『打つ』『投げる』『走る』と言った、野球のプレーそのものの事を指します。

『トラとかライオンはウェイトトレーニングしない』

正にその通りです。
ライオンやトラは元々の筋力が強く瞬発力が高いため、シマウマなどの獲物を捕まえるのに最初は苦労をしているので、努力をする必要がありませんでした。

『日本はいつまでもトレーニングしないシマウマ』

このイチロー選手のインタビューの後に、ダルビッシュ選手のインタビューが放映されてその時に放った言葉が
『日本はいつまでもトレーニングしないシマウマ』
この発言がめちゃくちゃ的を得ていますよね。笑

実はシマウマは今ライオンより脚が速くなってしまい、ライオンは中々シマウマを捕まえられなくなっているのですよね。
『シマウマはトレーニングを積んで進化している』と言う事です。

まとめ

トレーニングは不要・トレーニングは必要どちらの意見も捉え方によっては間違えじゃないと思います。

でも必要最低限のフィジカルベース(基礎筋力)を付けることは、絶対に必要。だけど、身体のバランスを崩す程の過剰なトレーニングは不要だと言う事です。

ネットが便利になり、皆さん
『効率的に鍛える方法』
を探している人が多いのではないでしょうか?

イチロー選手の言葉を思い出して見てください。
『遠回りする事が一番近道』

まずは自分で基礎的なトレーニングから実践してみる事。その上でイチロー選手の様に改善していくのがベストでは無いでしょうか?

まずは行動・実践する事が一番大事と、イチロー選手が教えてくれていますよ(^^)
北海道札幌市南区真駒内│アクシス整骨院
札幌市南区│トレーニングと治療のアクシス整骨院

〒 005-0021 札幌市南区真駒内本町7丁目1-3

TEL.011-215-1544

平日9:00~12:30 / 14:00~19:30

土曜9:00~14:00 定休日 日曜・祝日

車でお越しの方へ

真駒内通り沿い、真駒内アイスアリーナの手前にあります。

黄色い看板とセイコーマートが目印です。

駐車場はお店の目の前に1台・すぐ近く月極め駐車場2台あります。

 

公共交通機関でお越しの方へ

真駒内駅より、じょうてつバス15番乗り場→曙町で降りるとすぐです。

 

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。