平日 9:00−19:30土曜 9:00−14:00定休日 日曜・祝日

スクワットで膝を痛めない様にするには!

皆さんこんにちは、アクシス整骨院スタッフの小田切です。

突然ですが、皆さんスクワットって知ってますか??下半身を鍛えるトレーニングとして基本中の基本の種目です!

この種目はアスリートから一般の方、また低体力など実は沢山の方が実施した方がいいトレーニングなんです!

ただ中には膝痛くなったから…膝痛めそうだし…と敬遠してる方も多いのも事実。

今回は膝を痛めない様にスクワットするにはどうすればいいのか、またスクワットをする為にどのな組み立てで考えていけばいいのかをレクチャーします。もし良かった参考にして下さい!

理解しよう、トリプルエクステンション!

まずは、スクワットを実施する上で理解しなければいけないのはトリプルエクステンションです。
トリプルエクステンションとは、簡単に言うと足関節・膝関節・股関節3つの関節をバランス良く使うという意味です。
この動きの連動が崩れると膝などを痛めてしまうリスクを高めます。

まずは関連する3つの関節を1つずつ組み立てていきましょう!

(足関節)

まずは足関節、スクワット時に足関節は背屈位になります。つまり足首が十分に背屈しなければいけません、そうしないと膝関節を過剰に使う事に繋がり、また重心が後方気味になりパワーポジョンからズレて大腿四頭筋にへの刺激が入りづらく効果的なスクワットが出来なくなります。

まずは、足関節のみのトレーニングを実施してみるのもスクワットを適切に実施する為のポイントになります!

次回はその為のトレーニングをご紹介します!