平日 9:00−19:30土曜 9:00−14:00定休日 日曜・祝日

知っておきたい「腰痛」の原則と改善方法

腰が痛くなるにはちゃんとした理由があります。

腰が痛いのは本当に腰が原因なのでしょうか??

もしかしたら、股関節や足首のせいかもしれませんよ!



はじめに

札幌南区真駒内にあるアクシス整骨院院長兼パーソナルトレーナーの東です。

今回は「腰痛」をテーマにコラムを書かせて頂きますが、肩や膝が痛い人が読んでも参考になる内容です。

そもそも何で肩・腰・膝が痛くなるのかその「原因」について詳しく説明していきましょう。


腰が痛い人は腰に問題はないことが90%

そもそもの話になるのですが、腰が痛い人で腰に問題がある人はほとんどいません。

僕たち治療家は皆知っているのですが「痛いところは被害者」なんです。

痛みが出ている部分自体は「結果」として痛くなっています。

 

例えば・・・

〇右の足首が固まっていて使えていない→右の膝に負担がかかる→膝をかばって腰が痛くなる

〇下腹部の力が弱い→腰が反ってしまう→腰痛になる

〇左右の筋肉のバランスが悪い→骨盤が歪む→腰痛になる

といったように、腰自体に原因があるわけでは無いということです。

腰痛になる人は体重の○○が下手です!

腰が痛い=腰に自分の体重の負荷が必要以上にかかってしまっている状態です。

自分の体重は下から足首・膝・股関節・お腹・背中・脊椎などで支えていますよね??

腰が痛い人は「腰椎」や「腰」で支えすぎてしまっている人です。

腰痛になる人は体重の分散が上手くいっていない証拠なんですね。

右の写真は寝ている状態ですが、イメージ的にはこんな感じです。


体重の分散が上手に出来るようになるトレーニング

身体全体を使うトレーニングで行えば、全身の筋肉を正しく使うことが出来ます。

特に腰が痛い人は股関節の使い方や、腹直筋や腹斜筋などのお腹の使い方が上手くない傾向にあります。

股関節もしっかりと使いながら、お腹や背中もしっかり使うトレーニングがワイドスクワットです。

上記の写真とやり方を参考にぜひトレーニングをやってみてください。

体重が上手く分散させられるようになってくると、腰の負担が減り腰痛がスッキリしてきます。