平日 9:00−19:30土曜 9:00−14:00定休日 日曜・祝日

中距離の陸上選手17歳H君の症例

高校生のスポーツ選手はケガもとても多い年代です。

陸上選手の場合シンスプリント、鵞足炎、足底筋膜炎などのケガが多いです。

整骨院に来てくれたH君の場合は「腰痛」で来院しました。

基本的な施術の一例を紹介します。


練習中に腰を痛めたH君の治療の流れ


反り腰での運動は、腰に負担がかかります。

H君は練習中に腰を痛めて、身体を前にかがめるのも後ろに反らすのもかなり腰が痛い状態でした。下腹部が弱く腰が反っていて、脊柱起立筋がガチガチになっている状態でした。


この状態での運動は非常に腰に負担がかかってしまいます。高校生のように身体が出来上がっていない時期の練習は、ケアをしっかりしないと色々な故障を抱えてしまいます。


H君の場合は中臀筋・梨状筋・脊柱起立筋・腸腰筋の拘縮が強く、大臀筋・ハムストリングス・腹直筋下部が弱くなっているのが原因で腰が反り腰痛になっていました。


拘縮筋のストレッチを行うことで姿勢を整え、左右の筋バランスを整えるエクササイズを行い、競技力アップのために30キロの重りを担いでスクワットを行いました。


施術後は腰の状態も良くなり、H君は練習後の疲労回復やコンディショニングを整えるために今でも定期的に通ってくれています。


寝返りがうてなくなるほどのギックリ腰も治ります!